10月は来年2022年の運命を決める大事な月。テーマや運気アップに必要なこととは

スピリチュアル・宇宙
スポンサーリンク

2021年10月は、来年2022年の運命を決める大事な月になります。

今回は、10月に気を付けること、開運方法についてまとめてみました。

10月のテーマ:初心をかえる コミュニケーション方法

礼儀、お礼、ルールや決まり事を大事にしましょう。

「コミュニケーション」ということで、SNSも炎上しやすくなるので、発信する内容にも要注意です。

周りが見えなくなって、自分のことばかりになってしまうこともあるでしょう。人の気持ちを考えて思いやりを持って発信することが必要です。

やらなくてもいいことを、なぜかこの時期に限ってやってしまうこともあるかもしれません。

あなたが必ずしも悪いわけではないのに、様々な人が様々な状況で見ているから、刺激的な内容、勘違いされやすいことが多くなっています。

なるべく最新の注意を払って発信してください。

来年を意識して、大まかなプランを立てる

10月〜12月はあっという間に来年になってしまう感覚があります。

忙しくても忙しくなくても、来年の準備を今きちんとすることで、来年がスムーズにうまくいくでしょう。

来年を想像して、今この時点ではどうするべきなのか、ちょっと感じることが大事です。

来年すごくバタバタしそうだと感じる場合は、その感覚を大事にしましょう。

忙しくなると感じるなら、誰か仕事を助けてくれる人を今から探しておく、リラックスの方法を考える、改善策を考えるなど自分の感覚を信じて事前準備しておきましょう。

睡眠環境を改善するなど、今この時点で感じることを基にして、今準備できることを始めておくことが、2022年、良好に進むための大事な準備期間になります。

来年のあなたの受け皿を今作ってあげるという意識が大切になります。

来年に対してポジティブなイメージが感じられない場合

なぜそう思っているの?問いかけてみましょう(自己対話)

必ず理由があるはずです。

今を元に考えているから、今こうだから、来年改善されるわけがないという不安があるかもしれません。

まだ起きていない幻想、リアリティ、それが今を作り出しています。

思い出してください。

あなたの人生は一年後には全く予想できない、状況がガラッと変わることもあるのですよ。

今不安なのは、未来が「暗い」からではなく「眩しい」から見えないのだと思いましょう。

無理やりポジティブな思いを持とうとしても、気持ちの乱れが起こってしまいます。

無理に気分をあげようとする必要はありません。

自然に、自分に寄り添ってあげましょう。

開き直ってしまうのがいいです。

今感じていることが現実になるのです。自分のバイブレーションが次の自分につながっていることを意識しましょう。

大丈夫という気持ちだけでいいのです。

10月の運気UPに必要なことは?

チャンスが舞い込む行動をしてみましょう。

  • 横断歩道の信号が青になった瞬間に「アップ」と心の中で叫んでみる
  • 1日5回、「ありがとう」と心の中で言う

こんな簡単なことでいいのです。

自分で決めたラッキーな行為(靴は右から履くなど)でも構いません。

10月に気持ちが明るくなることで、そこからつながる2022年も明るくなりますよ。

10月のテーマは

豊かさ、少し贅沢を自分に許してあげましょう。

実りの秋だから、美味しいものをたくさん食べて、読み切れていない本を読んだり、ゆったりした豊かさを感じる時間を過ごすことが大事です。

ラッキーカラーは赤 特に深みのある赤 女性は子宮にもかかわるので、体を温めるようにしましょう。

ラッキーフードはおそば 敷居が高いお店。老舗のところとか。秘境とか。

旅行の計画をしても良いかもしれません。

コミュニケーションに関しては気になるところではあります。

すれ違いが起こりやすくなるかもしれませんが、そこを気をつければのんびり豊かな気持ちで過ごしていただけるとても良い月になります。

来年が決まっていく月と感じてほしいです。来年をより良くするために考えましょう。

来年のイメージがあまりできなければ大丈夫、大丈夫と思ってください。

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました