【ダイエット】2カ月で10キロ痩せる方法ってあるの?実際にやった人の体験談をチェック

ダイエット
スポンサーリンク

年内までに目指せ10キロ!と6カ月かけてのダイエットチャレンジ中の40代ワーママの望叶です。

そんなワーママ望叶ですが、ダイエット始めて2カ月の途中経過では、わずか2キロ弱しか減らなかったです。

体脂肪は減りましたが、運動もしていたのになぜ!?という疑問点でいっぱいでした。

そんな疑問と悩みがあったのですが、タイトル通り2カ月で10キロ痩せたという経験者のお声が。

実際にマネすれば私も痩せるかもしれない!!

ということで、経験者が行ったダイエット方法をまとめてみました。

30年間同じような体型をしている方です。

私も3~5キロの変動はあるものの、ほぼ体重は変わらずなので、参考にしようと思いました。

経験者のダイエットする前は、163センチ、58キロが58キロ→48キロとなり、現状維持中。

うらやましい限りです。

運動せずに2カ月で10キロもやせることができるの?

経験者は、「ダイエット」と意識するとストレスになると言っていました。

ツラい筋トレは、終わった後に自分へのご褒美と、食欲が増してしまう結果に・・・

これ、めちゃくちゃわかります。

今の私がまさしくそれかも!

朝ウォーキングして夜にヨガも行った日には、めちゃくちゃ頑張ったと、お菓子をつまんでしまったりしていました。

ダイエットは運動1割、食事9割

食事に関する本がいろいろ出ているのでそちらもチェックしながら、経験者なりに出した結論、それは・・・

主食をやめる

あまりにも漠然としているので、あとで詳しく説明をしますが・・・

今の現代人は、「糖質」をとりすぎています。

「糖質制限ダイエット」と言われるダイエット方法があるくらい、普段の食生活の中に含まれている「糖質」。

その「糖質」に着目してダイエットにチャレンジしようと思います。

白い炭水化物を控える

今回経験者が意識して控えたのは、白い炭水化物です。

  • パスタ
  • パン
  • うどん
  • ごはん

この炭水化物を控える食事制限を行いました。

厳密に言えば、炭水化物、糖質はまだまだありますが、あまりに神経質に考えると、そのストレスが逆にリバウンドや過食の原因になりかねません。

継続できるように、やや緩めで実行することも大切です。

大変だったこととは

経験者が大変だと感じたことをまとめました。

体重は、毎日計測する
2か月間主食を抜くことは大変(意識しないといけないから)
おかずの量を増やす手間がかかる
外食で食べるものが少ない

主食抜きは全部炭水化物を抜く必要があるの?

抜いていたのは白い炭水化物です。

オートミールや玄米、大麦、もち麦は食事制限することなくたべていました。

低GI食品と呼ばれていて、血糖値が上昇しにくく脂肪になりにくいからです。

<経験者のとっていた炭水化物の食事>
朝:オートミール30~50g
昼:もちむぎ50~100g

白い炭水化物だけを断っていただけです。

また、みりん、はちみつでも糖質をとっていました。

おかずで気をつけることは

キノコを積極的にとっていました。ビタミンDは体では作られないので、そのあたりを気をつけていました。

また、今までは目分量で入れていた調味料を、計量スプーンを使うようになりました。

だんだん濃い味付けになっていたので、良い見直しになりました。

塩分のとりすぎ・・・むくみの原因に

脂質のとりすぎ・・・太る原因に

お米を食べないと、便秘にならない?というお声もありますが、経験者は元々便秘気味でした。

大さじ1杯のココナッツオイルをとることで、便秘改善をしていました。

実際に、便秘は体重にも大きな影響を与えるので、お通じはできるだけスムーズにしておくほうが良いと思います。

食事に関しての補足事項は?

Q.一日に何食食べていたの?

1日に3食食べていました。

朝、お腹すいてないときはカフェオレとプロテインを飲んだりもしていました。

Q.リバウンドはした?

リバウンドはせずに現状維持をしています。

毎日同じ食生活で48キロです。

Q.間食はしていたの?

間食はしていました。常備品としていつも買っていたものは

素焼きナッツ
70%以上のカカオチョコ

Q.1カ月の食費はどのくらい?

夫婦ふたり6000円/週、月に24000円くらいでした。

じつは糖質制限をすると、食費があがるというお声もありますが、経験者はそんなに厳しい食事管理をしていなかったので、食事代も高くなりすぎずにすみました。

糖質制限をすると体にトラブルが起きやすい?

糖質制限をすると、代謝がおちる、髪の毛が抜ける、太りやすくなるなどのお声がありますが、実際に経験者は気になるようなことはありませんでした。

ですが、人それぞれ体感は異なります。極端に制限せずにゆるくはじめることが大事だと思います。

途中で挫折しないために知っておきたい2つのこと

・体重はコントロールできる

ダイエット中、急にピザやラーメンが食べたくなったりしました。

また、体型キープするために、ずっとダイエットを継続する必要があるのか、不安になったこともありました。

結論からいうと・・・ダイエット継続する必要はありません。

自分の痩せ方をしれば体重コントロールができるからです。

今週食べ過ぎたら、翌週セーブしましょう。それだけできちんと体重は元に戻ってくれます。

体重は緩やかに減っていく

経験者曰く、体重が増えていく時期もあったが、特に食べ過ぎた時ではなかった。

意味もなく増えるときも減るときもあった。

昨日食べたもの=今日の体重ではないことがわかった。

とのことでした。

気軽な気持ちで体重計に乗りましょう。

主食をやめるダイエットが理にかなっている理由

実は、主食をやめるダイエットは理にかなっているのです。

人がエネルギーを使うときには、糖質を燃焼しています。

糖質がなくなると脂肪が燃焼されるのです。

糖質をエネルギーに変える体から、脂肪をエネルギーに変える体に変化させることで、体重が減少していくのです。

ダイエットが成功した結果

経験者のお声ですが、痩せてよかった、自己肯定感たかまった

会社辞めて夢に向かって進むことができた。

自信、可能性が広がったいろんな洋服が着れることがうれしい。

今まで着れなかったファストファッション(ユニクロやGUなど)が着れるようになり、経済的なからだになった。

経験者の感想は?

減量はできましたが、美しい体系を目指すなら運動が必要だと思います。

美しい体型にはほど遠いからです。

気になっている二の腕はあまり細くならなかったし、下っ腹も出ています。

体重という数字でわかるところに焦点をあててダイエットした結果だから、今回のダイエットは成功と言えます。

ボディラインを整えるために次は筋トレもしていこうと思います。

 

ダイエットは苦しいときもあります。うまくいかないと自分を責めたり、厳しくあたっしまうこともあります。

ですが、自分を追い詰めないでください。

ダイエットは自分を受け止めて、好きになるステップです。

できる限り自分を褒めて応援してあげましょう。

できない自分をなげくよりも、できていることに焦点を当てましょう。

がんばったこと=やせたことを紐づけしてあげると良いです。

この経験者の体験談をみて、わたしも次の2カ月は糖質制限(白い炭水化物を食べない)ことを意識してやってみようと思います。

10月の結果報告を楽しみにしていてください♪

コメント

タイトルとURLをコピーしました