金森式ダイエットのやり方は?ガチ痩せするために必要なことを確認しよう

ダイエット
スポンサーリンク

「金森式ダイエット」は普段の食生活から、「糖質」を排除して、肉、魚、バター、MCTオイル、生クリームなどを摂取することで、カラダに良い「脂」を摂るダイエット方法になります。

エネルギー源を糖質から脂質へと切り替えることで、カラダに蓄えられた脂肪も一緒に燃えて痩せることができるのです。

「糖質」とは・・・
お米、パン、麺類、果物、お菓子、調味料や野菜に含まれるものも指す
パッケージの成分表に「糖類」「糖質」と表記されています。
野菜でも芋類やかぼちゃ、さつまいもなどの根菜類は糖質量が多いためNGとなります。
また、摂取できない栄養素のビタミン、鉄、マグネシウム、ナイアシンなどはサプリメントで補うのが大きな特徴となります。

積極的に摂るべき「脂」アイテムは?

  • MCTオイル(※加熱料理には適さない)
  • バター(グラスフェッドバター)
  • 塩(雪塩、ぬちまーす)
  • 魚醤(しょっつる、いしる)
  • 生クリーム
  • チーズ
  • オリーブオイル

 

醤油、味噌、みりん、コショウ、料理酒は糖質が含まれるため、断糖高脂質ダイエットには適しません

 

金森式ダイエットのレシピは?

金森式ダイエットは、タンパク質も摂り過ぎるとインスリンが分泌されてNGとなります。

直近の理想体重×1.0グラム程度となります。

理想体重が50キロなら、1日のタンパク質摂取量は50グラムとなります。

糖質は10グラム以内
タンパク質は直近の理想体重×1.0グラム
脂質はとにかくたくさん摂ること

食べて良いものは?

ピンク色のお肉周りの牛脂がおすすめです。お肉屋さんで販売用に用意されていることは少ないので、電話で連絡して、牛脂を売ってもらえるかを確認しましょう。

そんな牛脂でも、一番のおすすめはグラスフェッドビーフの牛脂になります。

牛脂を使ったレシピは?

牛脂のテール風スープ

材料(1人分)

・牛脂…50g
・長ネギ…10cm(約10g)
・鶏がらスープの素…小さじ1/2
・にんにくチューブ…1cm
・しょうがチューブ…1cm
・塩胡椒…少々
・水…150ml

栄養成分(1人分)

カロリー:475kcal
たんぱく質:0.3g
脂質:49.9g
糖質:1.0g
食物繊維:0.2g

牛脂のカレー風スープ

材料(1人分)

・牛脂…50g
・ほうれん草(冷凍がおすすめ)…30g
・塩胡椒…少々
・水…150ml
A カレー粉…小さじ1/2
A ガラムマサラ…小さじ1/2(なければカレー粉で代用)
A 顆粒コンソメ…小さじ1/4

栄養成分(1人分)

カロリー:485kcal
たんぱく質:1.1g
脂質:50.3g
糖質:0.9g
食物繊維:1.6g

出典:https://sissi-blog.com/beef-tallow-soup/

牛脂のアヒージョ

材料

・牛脂
・塩
・ニンニク
・ブロッコリー、オクラ、マッシュルーム、しめじ、エビ

出典:https://nikkan-spa.jp/1539711/2#5

金森式ダイエット まとめ

金森式ダイエットは、いかに脂を取り入れつつ、糖の摂取をやめるかがポイントになります。

最初は材料選びに苦労するかもしれませんが、慣れてくると食事も楽しんでとれそうですね。外食メニューも金森式ダイエットに当てはまるものがあるか、チェックしていきたいです。

コメント

タイトルとURLをコピーしました