脂肪を燃やす時間はいつがいい?○○がダイエットに最適な理由とは

ダイエット
スポンサーリンク

脂肪を燃やす時間が良いのは、ズバリ「朝」です。

脂肪は「交感神経」が活発に働いているときに特に燃えやすく、一日の始まりに意識的に交感神経を活発に働かせることで、基礎代謝が高い状態で一日を過ごすことができ、消費カロリーを増やすことへとつながります。

脂肪が燃えやすく、消費カロリーが増えるのに最適な朝の運動。

夜の運動は興奮して寝つきが悪くなるので、激しい運動は控えてストレッチなどをしてゆっくり過ごすのが良いです。

朝の運動はがっつりしなくても大丈夫

朝から運動なんて無理・・・と思っているかもしれませんが、朝の運動は基礎代謝を高めて、活動量を増やすことが大事なので、激しい運動をする必要はありません。

つまさきを上げ下ろしする

歯磨きをしたり、スキンケアの合間に、ふくらはぎに刺激を与えましょう。

ふくらはぎは「第二の心臓」と呼ばれています。ふくらはぎの刺激で血流がアップして、交感神経に働きかけてくれます。

まずは10回程度、慣れてきたら回数を増やしていきましょう。

スクワットは地味だけど高い効果あり

少しの時間にお腹、背中、あし、お尻と大きな筋肉に働きかけてくれるスクワットは、十分な活動量があります。

姿勢を意識しながら行うことで、姿勢矯正やヒップアップにも期待ができます。

脂肪を燃やしたいなら朝食は大事

脂肪を燃やしたいなら、まずはコップ一杯の水を飲んで、バナナや小腹を満たしてくれるゼリーなど素早くエネルギーに変わりやすいものを食べてから行いましょう。

手軽にタンパク質を補えるプロテインドリンクは?

食事には、脂肪を燃やす「食事誘発性熱産生」と言って、よく噛んで食べることでエネルギーを消費する役割があります。

手軽にタンパク質を取り入れることができる「プロテインドリンク」ですが、朝ダイエット効果を上げるためにも、「固形物」が望ましいです。

朝ダイエットを習慣にするために大切なこと

ダイエットは「継続する」ことが大切になります。

ですが、なかなか続かない人が大半だと思います。

一番簡単なのは「生活の一部に組み込んで、習慣化する」ことです。

「ながら」の行動に組み込んでしまうことで、無理なく続けることができます。

SNSに毎朝の運動や朝食を写真にとってUPして、友達に見てもらうことでモチベーションを続けることができます。

脂肪燃焼効果を高めて、体も頭も目覚めてスッキリできる「朝ダイエット」はメリットがたくさんあります。

朝少しだけ、いつもの生活に「ながら」を取り入れて、スッキリしましょう。

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました