幸運を呼ぶための家の空間づくりのポイントとは?自宅をパワースポットに変えよう

スピリチュアル・宇宙
スポンサーリンク

まず、質問させてください。

幸運を招く家とは、どういう家だと思いますか?

  • インテリア選び
  • 収納による整頓
  • 盛り塩、神棚

それだけでは幸運を招き入れることはできません。

実は、その考えには決定的な誤りがあるからです。

空間づくりの罠があるのです。

運を開くための幸運とはどういうものなのか?

まずは、間違った考え方についてチェックします。

開運空間?間違った考え方とは

空間づくり=インテリア選び

雑誌のインテリアコーディネートはとても素敵です。

しかし、素敵なインテリアコーディネートでも、家の広さが違うと合わないですよね。

狭い部屋に、無理やり家具を押し込むと、窮屈です。

部分的にいいところを取り揃えたら良いかもと思っているかもしれません。

しかし、単にモノが増えてしまっただけになってしまいます。

リビングの床がソファーに占領されてしまい、ゆっくり座る場所がないなんていうことにもなってしまいます。

狭い環境でのストレスは、長寿の長短に影響されるといわれています。

災害時の避難所や、仮設住宅などもストレスの問題が起きやすいといわれますよね。

モノに溢れた空間=脳の処理能力に負荷がかかる

物理的にも、精神的にも、圧迫感があり窮屈な状態になります。

モノが多いだけで、ストレスの原因になってしまうのです。

モノが多い=掃除がしにくい

それだけでも、不快で不便を感じますよね。

ゆっくりくつろぐことができません。

収納で家が片付く

モノを機能的に収納して、住居スペースを確保すると、快適に過ごせると思うかもしれません。

残念ながら、それも違います。

隙間にモノを詰め込むように、工夫して収納することは、大量のモノを効率的に収納することはできます。

しかし、目の届くところは掃除できていても、収納場所にはほこりがたまって、掃除が行き届かなくなります。

毎日掃除しているのに、なぜか家じゅうほこりっぽくなってしまいます。

家族が体調を崩してしまう原因(ほこりやダニ)が部屋の隅や収納のすきまにたまっていくのです。

  • モノがとりだしにくく、片付けにくい
  • モノはたくさん収納できても小さなストレスがたくさん発生
  • 余計なイライラがでてしまう
  • 家がほこりっぽくなる

几帳面で収納大好きな人ほど、陥ってしまう罠のです。

収納は、あなたに安らぎを与えてくれますか?
大収納の家があれば、あなたの人生は豊かになりますか?
疲れをいやし、明日も頑張ろうとエネルギーチャージできますか?
きっとYESとは言えないと思います。

モノと一緒にストレスがたまる家とは

今まで良いと思っていた家のイメージが、実は誤った考え方であることが多くあります。

  • インテリア選びや収納では、良い空間は作れない
  • モノと一緒にストレスがたまっていく
  • モノが増えると維持や管理が大変
  • モノの管理に労力、時間もかかる
  • お金もかかってしまう

モノのためにあなたの人生の時間、空間、エネルギーをたくさん使っているのです。

モノと人生、どちらが大切ですか?

肉体的にも精神的にも、リスクをかかえている自分に気づいてください。

そう、だからこそ、そんなストレスが多い空間に盛り塩や神棚を置いても、招運空間とはなりません。

パワースポットの地域に行って、良い波動に変化しても、家に帰って負の波動が発生していれば、、、、

せっかくのパワースポットの効果も半減してしまいます。

それでは、モノがなければいいの?と思うかもしれません。

モノがないのが良いのか、というとそれも違いますよね。

生活に必要な道具は必要です。

なんでもかんでもモノがなくて、がらんとしている部屋は、確かに広い空間、掃除のしやすい空間にはなるでしょう。

しかし、本当に必要な道具まで捨てている場合は、家事や生活に手間がかかってしまいます。

家に潤いがなければ生活している意味が見いだせません。

モノが少ないだけだと、エネルギーチャージはできません。

余計なストレスの原因になります。

モノを捨てれば、空間はすっきりしても、不便であれば暮らせないし、潤いが無ければ心のエネルギーチャージができないのです。

家がすっきりしていても、そこで幸せに暮らせなければ意味がないのです。

ストレスをためずに、あなたをパワーアップしてくれる空間とは

2つの原則があります。

家の広さは全く関係ありません。

お金もかかりません。能力や経験も不要です。

誰でもいつでも実行できます。

考え方を変える
少ないもので豊かに楽しく暮らす

考え方を変える

良い空間を作るなら、モノにフォーカスしてはダメです。

モノではなく、モノが置かれていない余白の空間にフォーカスしましょう。

ホテルが快適なのは、照明やソファーが素敵なのではなく、ゆったりした空間があるから、快適に感じるのです。

自宅をパワースポットにしたいなら、空間を作る哲学が必要です。

今まで、自分で空間を意識的に見たことはないかもしれません。

余白を活用することで、そのモノが生きるのです。

余白に焦点を当てる=招運空間が生まれるのです。

少ないもので豊かに楽しく暮らす

モノ少なくても、豊かに暮らすことができなければ意味がありません。

少ないもので、手間なく豊かに暮らす技術が必要です。

ダイエットと同じでよい住処づくりにするためには、無理なく、楽に、楽しく出ないと続きません。

手間なく、豊かに暮らし続けるための技術が必要になります。

買い物、外出時の荷物の選別もそうですよね。

住まいとはあなたの家の外でも作られるのです。

開運空間のある家は、家の中だけで作られるわけではないのです。

自宅をパワースポットにするために、モノの減らし方、空間づくりについて考えを変えていきましょう。

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました