【自己実現】現実創造はどう願えば現実に起こる?パラレルワールドの本当の意味とは

スピリチュアル・宇宙
スポンサーリンク

現実創造(げんじつそうぞう)はどうなるのか決定することです。

現実創造のやり方

①アファメーション(決定)

どうなりたいのか決定する、妄想、想像する、イメージすることです。

願いをかなえようと思ったら、「イメージすることが大事」ということはよく聞きますよね。

イメージの通りになるよ!と言われているのに、何度も描いても現実にならないのはなぜ??

そう思う方も多いのでは??

イメージを現実化するためには、波動調整が必要なのです。

そこのイメージと波動調整をすることで願いは叶うのです。

例えば・・・

結婚式を挙げているイメージを持つ

みんなに祝福されている、大好きなとんでもない幸せ、高揚感、幸福感、本当にハッピーな気持で満たされています。

結婚まで何とかしなきゃという焦りもない状態です。

リラックス、安心感、幸福感

イメージできることは何?

パラレルワールドの話になりますが・・・

パラレルワールドとは、あなたが思いつく限りの未来

・結婚式を祝福されているあなた

・起業して美容グッズを売って年収10億稼いでいるあなた

・アイドルになってみんなにハッピーを届けているあなた

それらが存在している、すでにある世界がパラレルワールドです。

私たちは、目の前にある現実、波動を合わせて作り出すことができるのです。

創造と波動ベースでできている世界です。

逆算すると、思い描いたことは未来に存在しているのです。

あとはあなたが選択するだけの状態になっているのです。

創造しているのが現実。思い描くことができたら既に存在しているのです。

どうやったら波動を合わせていくの?

すでにある望んでいる状態、現実にその世界に向ける必要があります。

幸福感、リラックス、安心感

これを感じることで、現実化が起こります。

こんな単純なシステムです。

現実化は60秒は感じる必要がある 波動を固定する必要性

パラレルワールドの扉を開くことができます。

アファメーションについては、イメージするのは忘れてもいいです。

一回願ったら手放していいのです。

なぜアファメーション(決意)をすぐに手放したほうが良いか

ずっと、願っていると、それが叶っていない状態と脳が認識するからです。

脳は、現実か非現実かどこで区別するの?

実は感情の部分で区別しています。

脳科学が説明されていたとしても、イメージをして現実と思うのではなく、イメージしたものを感じているからこそ、その現実を目の前に見せているのです。

ずっと思っていたり、頑張っていると、、、、

頑張る、願い続ける⇔幸福感、安心感、リラックス

対極な状態になります。

願望実現を最速でしたいなら・・・

どうなりたいか決定して、60秒間感じた後は、どれだけ幸福感、安心感、リラックスを感じながら生活するかが大事です。

例えば、大好きな相手が浮気しているかも・・・と想像すると

どんどん膨らませていって、探偵的なことをして

どんどんドキドキしてきます。

いやな気持になります。絶対浮気していると思ってしまいます。

それがあたかもそうであるかのように思ってしまいます。そして、いやなことを見つけてしまうのです。

ほかの女の子にコメントしてたとか、うわ、浮気決定と思ってしまうのです。そうすると、彼に対してハッピーな態度はとれなくなります。

また、そんな状態で彼を責めたりすると・・・彼との関係はぐちゃぐちゃになります。

そんな結果を望んでいなくても、感情を伴ってイライラすることが、現実になってしまうのです。

心配することはありますよね。心配するはイメージの部分。そうなったらいやだなという部分です。

病気になったらいやだな、と思ったとします。ですが、実際にすごく病気になって苦しんでるイメージはしませんよね。だから現実化しないのです。

頭の中に取り入れるイメージは、見るもの聞くことを大事にすることが大事です。

注目していきたい部分、そこから連想ゲームが始まります。

浮気の話もそうです。

どう利用するか、選択するかで作られているのです。

現実創造。パラレルワールド。。。

どうなりたいか本当の意味で大事です。違ったルートになってしまったら、そこに行こうとした瞬間にハイ、ストップと思うべきなのです。

望んでる?望んでいない?と考えてください。

ハッピー/アンハッピー

本当にそれだけです。シンプルなのです。感情が伴っていることが大事です。

脳が現実化しているだけなので、アファメーションやりすぎる必要はないのです。

新月や満月のタイミングでやることはよいですが、毎日する必要はありません。

毎日すると、まだ叶っていないと脳が錯覚してしまう可能性があるからです。

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました