【神社仏閣巡り】島根出雲旅行[2022年3月某日]厄除けのパワースポット

神社仏閣
スポンサーリンク

出雲市駅前のホテルで一泊しました。

朝、雨がパラパラしています。

お天気予報では晴れるはずなので、早めに上がることを期待します!!

ホテルのモーニングはビュッフェスタイル

ホテルのモーニングはビュッフェスタイルでした。

けっこう充実していたので、いい感じに食べることができました。

コーヒーは紙コップに蓋をして部屋に持ち帰ることもできるシステムでした。

部屋に置いてある室内着で行こうとしたら、みんな軽装でも洋服着ていたので、あわてて部屋に戻って着替えましたww

その後、大浴場で朝風呂を堪能して、準備をしました。

日御碕神社へ

まず、9時ごろ出発して日御碕神社(ひのみさきじんじゃ)へ向かいました。

散歩している動物がスゴイ

日御碕神社へ行く途中、なんと・・・

こんな動物を散歩させている方に遭遇しました!

日御碕神社は、車でないといけない場所にあるので、レンタカーなどを用意した方が行きやすいと思います。

日御碕神社の情報

出雲大社から車で20分ほどの距離になります。

名称 日御碕神社(ひのみさきじんじゃ)
住所 島根県出雲市大社町日御碕455

参拝可能時間 8時半~17時
社務所営業時間 8時半~16時55分

日御碕神社のパワースポット

日御碕神社のパワースポットはこの場所というのではなく、神社全体がパワースポットのように感じるとのお声があります。

日御碕神社のいわれ

日御碕神社は、天照大御神(あまてらすおおみかみ)が祀られている下の宮「日沈宮(ひしずみのみや)」と、素戔嗚命(すさのおのみこと)が祀られている上の宮「神の宮(かむのみや)」の2社の総称を日御碕神社といいます。

もともと別の場所にあった日沈宮神の宮。

今から約1000年前に、当時の村上天皇が

「伊勢神宮が日本の昼を守る、そして日御碕神社は日本の夜を守れ」

と命令され、2社を一箇所に遷し、現在の日御碕神社となりました。

伊勢神宮が日本の昼を守り
日御碕神社が日本の夜を守る

伊勢神宮とともに日本を守る存在として、大切に祀られてきました。

日御碕神社が社殿を造営する時は、天皇か時の将軍の命によるもの。

どれだけ神威のある、大切にされてきた神社か分かりますね。

日御碕神社のご利益

日御碕神社のご利益は・・・

厄除け
縁結び
夫婦円満
家運繁栄
交通安全
などなど・・・

特に厄除けが有名ですが、縁結びのご利益もあります。

出雲大社とセットで参拝される方が多いですよ。

「砂のお守り」

いった後で知ったのですが、「御神砂守」というものがあります。

社務所で「砂のお守りをください」といわないと購入できないので、隠れアイテムとしてひそかに人気があります。

このお守りは、「奇跡のお守り」と言われていて、厄除けの効果が半端ない!

困った時にこのお守りを握りしめると、守ってもらえるらしい。

在庫が無い時も多いので、手に入れることができるかどうかも運が必要にあります。

本当に、朱塗りが綺麗な神社でした。

そして、朝雨がぱらついていたのに、日御碕神社に着くと、青空が〜〜♪

すごい、神様に守られていると感じる瞬間でした。

日御碕神社の御朱印

この時期なので、御朱印帳への記帳はできませんでした。

コメント

タイトルとURLをコピーしました