龍の力を貸してもらい、龍に後押ししてもらってハッピーになる方法をお伝えします

スピリチュアル・宇宙

人生をより良く生きるために、龍の力を貸してもらいましょう。

龍のいる場所は

  • 神社や、神社のある聖地
  • 一級河川や大きな湖
  • 山や公園の樹木
  • 雲や風

このような場所に龍は存在します。

スポンサーリンク

龍のサインに気づくポイント

龍の存在に気づくことができる?と心配になるかもしれません。

しかし、龍はきちんとサインをくれます。

コンタクトスポットや、日常の中でこのようなことが起きたら、龍からの合図だと気付いても良いと思います。

  • 聖域で風が突然吹いてくる
  • 水面が急に波立つ
  • 数字の「8」をよく見かける
  • 花や香水などの心地よい香りが漂ってきた
  • 空にかかる虹を見た
  • 急に気温が上がり、暑くなった気がする

このような体験があったり、なんとなく違うな、なんとなくパワーを感じるな、そう感じた時には、その感覚を否定せずに、龍がいると意識を向けましょう。

龍とのコンタクトを取る方法

意識を向ける

龍の存在を意識しましょう。関心を持ちましょう。

日常の中で龍を意識することが一番大事です。

陽気さ、気楽さ

ピンチの時、叶えたい願いがあるときに、「どうぞ助けてください」と竜にすがってください。

そして、龍にもちゃんとお返しする必要があります。感謝するのはもちろんですが、龍の大好きなエネルギーである「陽気さ」「気楽さ」そのようなエネルギーを龍に与えてあげましょう。

コンタクトスポットに行く

「龍に会いたい」と願ってこちらから出かけていく行為そのものに意味があります。

無理をしない範囲でいける場所「ここに行ってみたいな」と感じる場所に足を運びましょう。

「行けるときに行ける範囲の場所」で大丈夫です。

人生を決める魂は、5つに分かれている

「一霊四魂」の5つに分かれていると考えられています。

一霊 直霊(なおひ)
四魂 荒魂(あらみたま)、和魂(にぎみたま)、幸魂(さきみたま)、奇魂(くしみたま)

この5種類の魂が快調で、それぞれの役割を果たせていると、あなたの人生は進みたい方向に順調に進みます。

直霊 人間の核になる部分。自分という人生の本質であり、究極の「自分自身」とも言えます。ハイヤーセルフ(高次の自分)、無意識とも呼ばれる部分 四魂に囲まれた体の内側
荒魂 願いを叶え、物事を具現化する 肩甲骨の間
和魂 周囲と調和し、バランスを取る 下腹・丹田
幸魂 日常の中で幸福を感じられるようにしてくれる 胸の正面中央
奇魂 神様からのメッセージを受け取る 眉間

龍と付き合うには、「心」が大切

龍は私たちの成長を望んでいます。

そのためには、龍におまかせするのではなく、自分自身も努力して、人間として成長する姿勢が大切です。

龍がせっかく応援してくれているのに、それを裏切るような行為をしたら、、、

あなたが龍の立場なら、そんな人応援し続けたくないですよね。

次は、龍の「好きな人」と「嫌いな人」の特徴をお伝えします。

龍が好きな人

龍が好きな人は

  • 自立している人
  • いつもフラットな状態でいれる人
  • 変化を恐れない人
  • 成長したいと願う人
  • 明るく朗らかな人
  • 自分らしさが何か知っている人
  • 目の前にあることを地道にやれる人

龍が嫌いな人

  • 他人の足を引っ張る人
  • 嫉妬や妬みから行動する人
  • 寂しさに耐えられない人
  • 傲慢な人
  • 感情的に当たり散らす人
  • 過去や現在にしがみつく人
  • 物事に固執する人
  • 利益に目がくらむ人
  • 全て自分の力だと思う人

などです。

しかし、龍が嫌いな人リストに該当していても、大丈夫です。

龍は完璧な人を求めているわけではありません。

今の自分がたとえダメであっても、より良く生きようとする姿勢を持っていることが大切なのです。

龍に好かれる人の生き方をすることは、周囲からも信頼され、自然に運気が上がることがわかりますよね。

龍の力を借りるために心のコントロールをしよう

ネガティブな感情を紙に書き出そう

ノートでもメモ帳でも、頭の中にあることを全て書き出しましょう。

もちろん、ぐちやひがみ、ねたみ、恨み・・・そんなネガティブなことでも大丈夫です。

自分と向き合うために必要なことです。

手を動かして書く行為、書いたものを見る行為・・・

それで感情をコントロールすることができるのです。

自分が思ったよりも怒ったり傷ついたりしていないんだ、と思えるはずです。

「気が済んだ」と思った時点でその日は終了してください。

ただし、1回ではもちろん終わらないと思います。また「もやもや」がでてくrでしょう。

日を改めてこの作業を繰り返してください。

数回繰り返していると、10回も行かないうちに飽きてきます。

飽きたと思ったら、その感情が解消できたということです。

不安や恐れの正体を確かめる

次は、根本的な原因にアプローチする方法です。

自分の感じていることに対して、「なぜ?」と繰り返して尋ねていきます。

その「感情」の奥には、「自分を認めてほしい」という思いがあるのかもしれません。

質問をするときのポイントは、「答えを早く見つけよう、うまくやろう」と思わないことです。

「なぜ?」「どうして?」を繰り返していくうちに、だんだん脳に回路ができてきます。何回かやるうちに、コツを掴んでくるでしょう。

自分の弱さを肯定する

正直でいることが大事です。その上で、「でも!」と切り替えて、思いを宣言しましょう。

「私には不安も心配もあります。でも!これから変わります」

自分の弱さを認めることで、龍に対して明らかにしておくことで、龍がきちんとあなたが進める前向きルートをセッティングしてくれます。

自分年表を作ろう

自分がこれまで築いてきた経験という「資産」に自信を持ちましょう。

時系列で自分のやってきたことを書き出します。

そこから、次のことを書き足していきます。

  • 一生懸命やってきたこと
  • 楽しかったこと
  • 好きだったこと
  • 印象に残っている出来事(辛かったことや失敗も)
  • 学校や勤め先で取り組んできたこと

 

自分の資産に向き合えない人は、過去の失敗や思い通りにいかなかった展開にフォーカスしているからです。

丁寧に過去と向き合い、人生を再評価しましょう。

自分って意外にちゃんとやってるやんという「気分」が大事です。

気分をリセットする参拝をする

気分を切り替える最高の方法は、神社へお参りすることです。

神社にいる神様は、いつでもあなたを大歓迎してくれます。

神社にお参りしたら、ゆっくり境内を散策したり、ベンチに座ったりして過ごしてください。

境内に全部置いてくる気持ちで、嫌な気持ちや忘れたいことも吐き出しましょう。

感情を出し切ってスッキリすることで、気分がリセットされて心が軽くなります。

自分を心地よくする時間を持とう

なぜうまく行かないんだろう・・・と思うなら、「心地よいこと」を意識してやってみることが大事です。

普段より高価な入浴剤やコスメを使う、高級エステに行く、自分のために花束を作ってもらうなど、「ちょっと贅沢かも・・・」と思えることをおこなってあげましょう。

自分を雑に扱うのではなく「丁寧に」扱ってあげるのです。

日常生活でも、いつもの自分に対するやり方ではなく

・丁寧にメイクする
・丁寧にお風呂に入る
・丁寧に料理する

一つ一つ、少し時間をかけながら、手をかけながら、やってみましょう。

状況が変わらなくても、不安感が少し解消されるでしょう。

天命=仕事ではない

天命は職業や仕事、天職ではありません。

いつも笑顔で周りを元気にすること、優しい言葉で人をリラックスさせること、掃除や料理で家族を喜ばせること、、、

自分の個性や特性と向き合い、それを生かすこと=「天命を生きる道」を歩くことになるのです。

しかし、一人で完結することが天命ではありません。

人と関わる「公」の場を探して、自分の個性や技能を生かすのです。

このような流れが人生に起きることを「成長」と呼び、龍は喜んであなたをサポートしてくれるでしょう。

龍を呼ぶ空間づくり

龍は、スッキリした空間を好みます。

本当に大事なものだけを残し、不要なものは片付けましょう。

  • 部屋に風を通す
  • いい香りを漂わせる
  • 自然の音を流す
  • 龍の絵や置物を置く
  • 太陽光を取り入れる

などを行いましょう。

また、「8」は龍神の数字と言われます。

「8」を意識することで、龍との関わりを深めることができます。

神社参拝は「8月8日」にいく。8時8分に龍へお願い事をする。

八角形のお皿を使う、など、数の力を借りるのも良いでしょう。

自然の力を借りて、24時間龍のエネルギーをチャージ

風をつかう

うちわや扇子であおぐのも良いでしょう。自転車や車を運転しているときも、「今、龍のエネルギーをチャージしている」と思うことできちんとエネルギーを受け取ることができます。

水をつかう

プールで泳ぐ、水遊びをする、お風呂のお湯を溜めているとき、シャワーを浴びている時も良いでしょう。

龍のエネルギーを意識しながら水と戯れましょう。

土をつかう

散歩やウォーキングの時、芝生の上などで裸足で歩くのも良いでしょう。

砂風呂などを体験し、大地の竜のエネルギーを受け取ることも良いでしょう。

ガーデニング、登山、農作業も土のエネルギーを補給できます。

火(光)をつかう

たき火、キャンプファイヤー、暖炉、キャンドルなどの火にも、龍のエネルギーは宿ります。

ゆらゆらと揺れる炎に、龍のエネルギーを感じましょう。

太陽光や、日光浴も良いです。

また、キラキラしたアクセサリーを身につけると、光を反射して龍を呼び寄せ、パワーをもらうことができます。

木をつかう

アロマオイルには草木の「気」が宿っています。

アロマオイルを使ったフレグランスや、バスグッズを活用するのもいいでしょう。

公園や森に行ったときに、なんとなく気になる「木」のそばに行って、時には触れたりしながら、そのエネルギーを感じてみてください。

龍に願いを届ける3ステップとは

願い事を書き出す

今、自分がお願いしたいことをまずは全て書き出しましょう。

モヤッとしていた願いの「輪郭」を浮かび上がらせる効果があります。

龍は、願い事は幾つでも受け付けてくれます。

しかし、その分自分も「自力」を発揮する必要があります。

願い事の優先順位を決めることも大事です。

願い事の細部には執着しない

ある程度、龍にお任せする「自由裁量」にしたほうが良いです。

細かなことはお任せしますが、自分に合う人が見つかりますように、

そんなお願い事の方が良いでしょう。

漠然とした願いでも、龍はきちんと受け止めて、最高のルートへ乗せてくれます。

プレゼンするように願いを届ける

龍に対して、自分の願いを「プレゼンテーション」しましょう。

願いを具体的に伝えた後、「願いを叶えて成長します」「成長するので願いを叶えてください」と意思表明をしましょう。

そして、その言葉通り努力してください。

お金が欲しいと思った時に、龍はその願いを叶えてくれるでしょうか?

単純に「金運を良くしてください」ではその願いは叶いません。

あなたの成長に役立つお金でないと、いくら懸命に祈っても願いは通じないのです。

だから、「このセミナーに参加することで大きく成長するので、その参加費をお願いします」と宣言しましょう。

そうすることで、龍に対する約束となり、そこから龍のエネルギーが動き出し、現実に影響していくのです。

このポイントを押さえればさらに運気上昇

  • 小さな一歩を踏み出すことで、龍が「大きな飛躍」にしてくれる
  • 龍のメッセージを素直に受け取る
  • 突然のチャンスに動けるノリのいい人になる
  • 天命へと動き出す「変化」に敏感になる
  • 「毎日、龍からのサインだらけ」と考える
  • 定期的にチェックして龍に声かけする
  • 感謝して、龍を喜ばせる
  • プロセスに固執せず、龍にお任せする

このように、龍とつながること、龍にお任せすること、龍が喜ぶことを行動として動くことで、龍の力を借りてどんどん運気アップしていきましょう。

 

 

 

コメント